福岡市内で口コミ評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

ほくろがある箇所でも脱毛可能?

    


黒い部分に反応する機械を使うので、肌に黒い部分がないようにしないといけません。
もし黒い部分があるときは、事前にそちらのサロンでは施術が行えない旨が伝えられます。
カウンセリングでしっかり確認しておきましょう。

 

 

状態によっては受けられないところがある

顔などにほくろがあると、それが特徴になるときがあります。
場所によって魅力的になるときもあれば、逆に魅力を軽減するときもあります。
美容整形などでは除去する手術もありますし、人によってはシールなどでわざとつける人もいるようです。

脱毛サロンを利用するとき、事前にカウンセリングを受けます。
その日は施術は受けず、内容を聞いたり肌の状態を調べるなどをして終わります。
特に問題が無ければ、予約をして次回から施術を受けることになります。

しかしこの事前のチェックでサービスを受けること自体を断られるときがあります。
サロンでは黒い部分に力を集中させる機械を使います。
そのため、肌に黒い部分があると、その部分には照射できません。
ほくろが大きい場合やたくさんあると照射が難しいケースがあるのです。

すべてのサロンで受けられないわけではないので、あるサロンで断られても別のサロンで対応してくれる可能性があります。
ただ、断られることもあることを知っておきましょう。
後で困らないように、気になる部分をカウンセリング時に見てもらいましょう。

少ないならその他の部分のみを照射する

人によってはほくろがたくさんある人もいれば、ほとんどない人もいます。
顔にあるとどうしても目立ってしまいますが、体中と考えると結構たくさんある人もいるでしょう。
実は光脱毛の施術をサロンで受ける時、あまりたくさんあると機械が使えない時があります。
そのために断られることもあります。

では少しあるくらいならどうかですが、少しぐらいなら誰でも持っているでしょう。
もしそれで受けられないなら、多くの人が受けられなくて困ることになります。
黒くて問題があるのであれば、その部分の照射を避けて施術をしてもらいます。

そのため、照射をしていないところは毛根に力が行きませんから抜けません。
自分で処理をしなければいけなくなります。
施術をしてもらわないと全身の処理を自分でしないといけませんから、それに比べると少しだけ自分で行うぐらいは特に何でもないかもしれません。
カウンセリングの時に受けたいところにあるときは担当者に見せておきましょう。
非常に小さいものであればそのまま行うときもあります。

白く塗ったりシールを貼って照射してくれる

ほくろがあるところに光脱毛の機械を充てると、その部分に光が集中して軽いやけどのようになるときがあります。
ですから一般的には照射をしないことになっています。
ある場所が少ないならそれを避けてしてもらえばいいですが、たくさんあるときは避けてしてもらうとほとんど照射してもらえなくなる可能性があります。
何のために受けたのかわからなくなるでしょう。

料金は普通に行ってもらうのと同じだけかかるので、照射してもらえない部分が増えるだけ損になります。
サロンによって対応が異なりますが、あるところでは白く塗りつぶして毛根にだけ力が行くようにしてくれます。

その他シールが用意されていて、シールの部分に力が行かないようにしてくれることがあります。
沢山になるとマーキングをするのに時間がかかりそうですが、体のためには仕方ないでしょう。
塗りつぶしたりシールを貼るのに別途料金がかかるかどうかはそれぞれのサロンで確認しましょう。
少しなら追加料金なしで行ってもらえるでしょうが、あまりに沢山あるとかかるかもしれません。

 

あまり多いと受けられない時があります。
少ないのであれば、その部分を避けての照射になります。
大手が行っている方法として、毛根以外の部分を隠して照射する方法があります。
数が多くなると消すための作業が少し大変かもしれません。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件