福岡市内で口コミ評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脇脱毛でワキガは治るの?臭いの原因を解説

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/10
    

ワキガの人も脇脱毛を受けることが可能です。「腋毛がなくなれば臭いもなくなるのでは?」と期待している方もいるでしょう。脇がつるつるになれば臭いも消えるのか、ワキガのメカニズムと脇脱毛の関係について説明していきます。

脇の下が臭う原因とメカニズムについて

脇脱毛をすることでワキガが治るかという疑問については、結論からすると「完全に治すことまではできない」といえるでしょう。ただし腋毛がなくなることで臭いの改善は大いに期待できます。その理由を理解するためにも、まずはワキガの原因やメカニズムをおさらいしておきましょう。

脇の臭いは、アポクリン腺という汗腺から出る汗が原因で起こっています。汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺があり、どちらも毛穴に存在します。アポクリン腺から出る汗は粘度が高くて臭いがあります。エクリン腺から出る汗はさらさらして臭いがありません。

アポクリン腺は、脇や乳首の周辺などの毛穴にあり、緊張したときに汗を出します。エクリン腺は全身にあり、暑いときに体温を下げるため、さらさらした汗を大量に出します。このアポクリン腺が多くアポクリン腺からの汗の量が多い人ほど臭いやすいのですが、制汗剤を使ったりクリニックでアポクリン腺を取り除いたりすれば改善も可能です。

つまり、ワキガの原因は脇毛ではなくアポクリン腺にあるので、脱毛はワキガの直接の解決法にはならないということです。もし脇の臭いが気になるようなら、皮膚科など専門のクリニックを受診して相談されることをおすすめします。

脇の下がつるつるになると、汗の臭いがしなくなる

サロンで脇脱毛をすることは、脇汗の臭いを減らすことにもつながります。汗をよくかく部位に体毛が生えていると、その毛に汗や皮脂が絡みつきやすくなります。汗をかいた直後、それほど汗は臭いません。しかし、毛にとどまった汗や皮脂にはたんぱく質や脂が含まれ、時間が経過するとたんぱく質や脂に雑菌が繁殖して、不快な臭いが出やすくなってしまいます。

脇の下がつるつるになると雑菌が繁殖しにくくなるので、汗をかいてから時間が経過しても汗の臭いはしにくくなります。ただ、腋毛がなくなってもアポクリン腺から汗が出るのを抑えるわけではないので、ワキガの臭いが完全に消えることはありません。

かえって脇の汗や臭いが気になるという人は

ちなみに、脇脱毛をしてから「脇の汗が気になるようになった」「逆に臭いが気になりだした」という人もいるようです。これは、汗が絡みつく毛がなくなったために汗の存在を感じやすくなったことが理由と考えられます。

脇の下が汗で濡れやすくなり、その汗に雑菌が繁殖して臭いを出している可能性もあります。もし腋毛がないため汗が気になるという場合は、こまめに脇の下を拭きとれば、汗による濡れや臭いを簡単に抑えることができるでしょう。

ワキガの体質ではない人も、腋毛が生えたままにしていると汗をかいた後に臭いが出やすくなるので、腋毛の処理をしていないときは脇の臭いにも注意が必要です。半袖や水着を着るシーズンではなくても、汗の臭いを抑えるためにサロンできれいに脇の処理をしておくと安心です。

 

ワキガの原因は、アポクリン腺汗腺から出る汗です。アポクリン腺は脇の下に多く分布する汗腺で、アポクリン腺を取り除くことが根本的な治療になります。また、サロンで腋毛の処理をすると、脇の下に雑菌が繁殖しにくくなるので臭いが出るのを抑える効果が期待できます。

脇がつるつるになることで汗や臭いが気になる人もいますが、汗をこまめに拭くことで解決されるでしょう。結論として「脇の臭いが気になる方にも脱毛はおすすめできる」といえます。そしてワキガの根本的な治療をしたい方は専門のクリニックに相談されるのがよいでしょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件