福岡市内で口コミ評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

薬を服用中でも脱毛できる?

    

薬を服用中でも脱毛できる?福岡の脱毛サロン

 

これから気温も高くなるにつれ、脱毛を希望する人も増えるでしょう。
特に福岡は日本三大美人の1つであり、肌がきれいな女性がたくさんいます。
肌がきれいだと自分に自信もついて、アクティブに活動できることでしょう。
福岡の駅周辺にはたくさんの脱毛サロンが存在し、激戦区といっても過言ではありません。
そんな脱毛サロンですが、薬を服用した場合、脱毛をすることが出来るのでしょうか?

 

 

なぜ服薬中は脱毛が出来ないの?各サロンの対応とは

★1つ目は薬を飲んでいるということは体調が悪いと思われてしまう事です。
脱毛の方法には美容外科で行う脱毛と脱毛サロンにて行う方法の2つがあります。
美容外科には医師や看護師がいるので、何かあっても対応できます。
脱毛サロンには医師はおらず何かあってもとっさの対応することが出来ません。
こういったことから、サロンでは薬を服用した人はお断りをすることがあります。
薬の成分の中には、光に対して過敏に反応する成分が含まれているものがあります。
サロンで行われている方法は光を当てて脱毛をするので、この薬を服用している時に光を当てると火傷してしまいます。
これを薬剤性光線過敏症 といいます。

〇症状
皮膚に光が当たることでかゆみや腫れ、水膨れが生じます。
私たちが普段何気なく飲んでいる薬の中にも光線過敏症になるようなものを飲んでいる可能性があります。
クリニックの場合、薬の名前を話すと問題がないと判断されれば、施術を受けることが出来ます。
しかし、サロンの場合は薬を飲んだ時点で断られてしまいます。

〇薬を飲んでしまった後、時間を空ければ施術可能?
・大手の脱毛サロンでは、市販薬を服用した場合は脱毛前の8時間開けると施術が出来ます。
・処方された薬に関しては医師からの許可を得てから施術ができます。
・予防接種の場合は施術の10日前後に打たれた場合は施術が断られます。
・塗り薬や貼り薬など外用薬に関しては、当日その場所の施術を避けて行われます。
・抗不安剤や抗生物質、経口抗真菌剤に抗がん剤や利尿剤血糖降下薬に関しても、医師からの許可がなければ施術は断られます。

〇市販薬は時間を空ければ脱毛が出来て、なぜ処方された薬は許可が必要なのか
市販薬というのはどなたでも飲めるよう、比較的効果が緩やかなものです。
一方処方される薬は市販薬よりも効き目が強くその人の症状に合わせた薬が出されます。
効き目が強いということは代謝をしても血液中に残っている時間も長いことから、サロンとしても安全性を考慮してかならず医師の確認とれてからの施術再開となります。

 

薬のことで分からなかったら薬剤師もしくは医師に確認を

・サロンとしてはお客様の安全面を考えたうえで、薬を飲んだお客様への施術をお断りしています。
市販薬は8時間以上開けてからだと施術はできますが、サロンへくる間近に薬を飲んでしまうと施術はできません。
病院の薬に関しては、きちんと医師の許可がない限り施術をすることは難しいでしょう。

またインフルエンザなど予防接種を行った場合も10日前後は開ける必要はあります。
薬は体内に入ると薬物代謝を行い、少しずつ尿とともに体の外へ排出されますが、体の外へ抜ける時間も、薬の種類や飲んだ人の代謝にもよります。
花粉症の時期や生理痛など女性は男性に比べて薬を飲むことも多いかと思います。

〇サロンへ相談しよう
もし薬を飲まなくてはいけないほど症状が辛い場合は遠慮せずサロンスタッフへ申告しましょう。
これから夏に向けて脱毛をする人は増えてきます。
梅雨の時期になるとどうしても頭がいたくなったり、体の不調を訴える人も多くなります。
施術中具合がわるくなることも考えられるので、無理せず体調が悪かったら早めに連絡をしてキャンセルをするようにしましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件