福岡市内で口コミ評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脱毛サロンに通う前に準備をしておこう!

    


カウンセリングを受けてサービスの利用が決まると、予約などを行います。予約の日に来れば施術をしてもらえますが、それまでにやっておかないといけないことをいくつか言われます。それをしていないと施術をしてもらえないときもあるので注意が必要です。

 

 

 

 

施術を受ける部分の除毛をしておく

脱毛サービスとしてサロンと美容クリニックがありますが、基本的には同じ仕組みで行います。ただ両者は使う器具が異なり、美容クリニックはより力の強いレーザーを使い、サロンでは光を当てます。毛根にレーザーや光が当たるとその部分が焼かれて力を失います。何度も行うと徐々に毛が生えなくなってきます。

ではサロンを利用する前の準備に何があるかですが、施術をする部分の除毛があります。できれば前日までに済ませます。毛が伸びていると、毛の部分にも光が当たりそれが皮膚に影響を与えやすくなります。除毛して皮膚に少し毛が出ているぐらいの状態が良いとされています。

また直前やその日に除毛をすると、剃りすぎる可能性があります。カミソリ負けなどで皮膚の状態が悪くなる場合もあります。ですが前日であれば剃りすぎていても少し伸びてちょうどいい長さになります。カミソリ負けが起きていたとしても、1日ぐらい経過していれば肌の状態も良くなります。忘れていると直前にサロンで行ってもらう、または施術そのものをしてもらえないときもあるので気をつけた方が良いでしょう。

前日は睡眠をとり疲れなどがない状態にする

病院で手術などをするときは、事前に入院をします。入院をすれば体調を病院側が管理できます。食生活の乱れや寝不足などを防げるので、万全の態勢で手術が行えるのです。脱毛サロンで施術を受ける時も、できれば手術前のように万全の態勢にしておくのが望ましいとされています。

美容クリニックのレーザーほどでないとしても、光を照射することで肌などにダメージを与えるからです。かといってさすがに入院をしてもらうわけにはいかないでしょう。サービスを受ける側として事前にできる準備は、睡眠などをしっかりとって、疲れなどが残らない状態にしておく必要があります。

寝不足があると、体調に影響しやすくなります。きちんと寝ていても残業があったり旅行などをしていると、それにより疲れがたまることがあります。施術を受ける時には、前日の睡眠はもちろんですが、それより前から体調に気を使いながら過ごすようにしましょう。何もないのが当たり前ですが、ちょっとした油断で体に異常が出やすくなってしまいます。万全の状態で受ければ、施術後にトラブルが起きにくくなります。

意識的無意識に関係なく日焼けをしない

紫外線対策をする時期として、3月や4月からしないといけないと言われています。気温はまだ暑くないですが、紫外線は春ぐらいから強くなっているためです。冬などは夏に比べると少ないですが、それでも真昼にはそれなりに紫外線が降り注いでいます。肌のことを考えるなら、1年を通じてそれなりに紫外線対策が必要になります。

紫外線の影響と日焼けは必ずしもリンクしないものの、肌を露出していると黒くなったり赤くなったりすることがあるでしょう。脱毛サロンを利用するときの準備として、意識的に海などで日焼けをしないようにしなければいけません。この辺りはカウンセリングで注意されるので問題ないでしょうが、無意識の日焼けにも注意が必要です。

夏場は何もしていないと外を歩いているだけで日焼けしてしまうことがあります。日焼け止めクリームでは対応が難しい時もあるので、肌を覆う服を着るようにしましょう。腕を日焼けしないために長袖を着用し、脚を日焼けしないために長ズボンなどを着用します。前日だけでなく、その前から行わなければいけません。

 

黒い部分に照射をする仕組みなので、毛が生えていると機械が使えません。当日ではなく、前日ぐらいに施術部分の除毛をしておきます。当日に疲れが残るような行為は控え、無意識であっても日焼けをしないような対策が必要になります。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件